空間創造

b0039293_191982.jpg沢山ある趣味の一つに空間創造ってのがあるんだ。簡単に言えば部屋改造みたいなモンど。お昼にやってるおばちゃん番組の「誰でも出来る、収納上手!!」とかそんなんじゃないよ(笑)。ある一つのコンセプトを設定して、一つの箱(部屋)全体をいじくり倒すってのがソレ。

「大好きなおもちゃを奇麗に並べる。その為の格好良い棚を買ってくる。」

そんなんじゃ無いんだよね。箱全体のコンセプトに合わないモノは置いちゃダメ。例えばアジアンテイストをテーマとした部屋に、ラスベガスを創造させる様なCircus Circusのネオンライトを置いちゃダメって事。Bon Joviを聞いちゃダメって事。←大げさ過ぎる(笑)。

置くモノから壁、天井、ライトとか全てに渡ってそのコンセプトに沿ってないと、空間創造とは言えないね。ディズニーランドのアトラクションだってそうじゃん。テーマに沿って内装をやり、設置するスタッフの洋服を決め、温度や音・匂いも考えてさ。結構大変だよね。だからアジアンテイストの部屋では、過ごす人間は心地良くその空間を楽しむ為にそれなりに身だしなみにこだわり、現地食をむさぼり、場合によっちゃ現地語で会話しなければいけない。←嘘。

写真は私の部屋のワンショット。「森の中にある深夜しか開いてない野外おもちゃ屋さん」ってのがテーマで、バリ島にある森の中で細々と開いてるUS TOY SHOPみたいな感じ。深夜して開いていないお店だから、部屋は暗くて、常にライトが点いてて。夜だから当然天井は真っ黒に塗り倒しあって。野外ってのもテーマの一つだから葉っぱを一面に張り巡らせつつ、BGMはフクロウの鳴き声。こだわりは細部にまで渡ってて、設置してある棚は全てお手製。まぁ、説明し出したらキリが無いから今日はココまで。

この部屋で私は今日もバリ島の民族衣装を着てお客さんが来るのを待ってるんです。今月の売り、足りないよ......。そろそろ閉店セールだな、こりゃ。
[PR]
by y.style-tokyo | 2004-10-10 10:15 | interior
<< 銀座 写真の楽しさ >>